food colum

なんとなく、食べ物にまつわる色んな事

Food colum #13

 

「朝のビタミンに勝るモノなし」

 

ねぼけた体にビタミンチャージを・・・

栄養価に優れたアボカド

 

ビタミンCたっぷりんなイチゴ

 

食物繊維豊富なリンゴ

 

イソフラボンな豆乳 etc...

 

 

美容の為のデザート感覚なフレッシュジュース

様々なフルーツや野菜を使って、あなただけのオリジナルドリンクを作ってみては?

 

参考はRecipeにて・・

Food culum #12

 

「FUNKY de JUNKY」

雑であり、不健康極まりない。

だけど、愛おしい。

 

どこからこの人達は集まってきたのだろう、異空間。

そして、どこへ行ってしまうんだろう。

 

ここではない何処かにこのお店は存在して、今もなお客をもてなしているのであろう。

 

昔、映画でみたアメリカのダイナー。

 

けして綺麗ではなく、大ざっぱな大味。

だけど、いつか夢みた旅の途中に必ず存在する、ロードサイドのあのダイナー。

 

お肉は焦げているし、決して美味しそうとは言えない料理の写真。

そして、人種も様々なサーバーの女性達。

 

 

シンプルだけど、そこにある物語を想像してしまう

アメリカンフードの写真集。

 

なぜか、愛おしい気持ちにさせてくれる写真集です。

          Plates&Dish : The Food and Face Of The Roadside Diner

                             2005 Princeton Architectural pr

Food colum #11

 

「肌ツヤは食事から?!」

 

今日食べた物が1ヶ月後の自分の体となる。

 

当たり前の事のようで、それを意識して食事する事ってあまりないですよね?

そりゃ、もちろん食べたい時に食べたい物を選んでいると思うけど、

食べ物は食欲を満たす事でもあり、

 

「体をつくる」

 

根本的な事ですからね。

 

体重を落とす為に食事を抜いたり

サプリメントだけに頼る生活

野菜だけ!パンだけ!!

はたまた

ジャンクフードばっかりといった偏食

 

かなりの極論ですが、1ヶ月の体の調子、お肌の状態を見てみましょう。

↓↓↓↓

 

・ダイエットで食事を抜く→→→肌と髪はカサカサ、免疫力の低下、精神障害の恐れ。

・サプリメントだけ→→→肌と髪はカサカサ、パサパサ、自律神経が不安定に。

・野菜だけ!!→→→免疫力は高まるが、肌のつやはやや少ない。そして体力不足。

・パンだけ!!→→→肌と髪はパサパサ、ビタミン不足で神経痛、糖尿病も。

・ジャンクフードオンリー→→→最低、最悪。

 

もう一度、言いますがかなりの極論です。

 

しかし、偏った食生活は女っぷりをどんっっと下げますね。

やはり周りにいる綺麗な女性はバランス良く、沢山の食材を食べています。

 

高い美容液を塗りたくるよりも、体の中から改善していくのが一番の美容だと思います。

 

 

もう一度、見直してみませんか?

 

今日食べた物をノートに書いてみよう。

そうすると、びっくりするくらい自分と向き合えるから。

 

そうやって、自分自身で調整していきましょ!

 

 

Food colum #10

 

「美人の食事 part2」

箸使いのタブーをしっかりおさらいしておきましょう。

そして、いざという時に出ない様

普段から心かけ、ね?

 

 

 「かき箸」          「渡し箸」        「ねぶり箸」

 箸でかきこむ。        箸休めの際       箸を口の中でなめる。

               茶碗に渡しておく。  

 「握り箸」         「涙箸」          「叩き箸」

手で握って持つ。      箸先から汁を垂らす。    器を叩いて人を呼ぶ

 攻撃の意味。                      または催促する。

 「込み箸」         「寄せ箸」               「刺し箸」

 箸で口に押し込む。    箸で遠くにある器を     箸で料理を突き刺す。

               引き寄せる。                    

他にも

「惑い箸」・・料理を取りかけて他の料理に変える。

「探り箸」・・汁物などをかき混ぜて中身を探る。

「移り箸」・・一つの料理を食べて、すぐ別の料理に移る。

「横箸」・・・二つ揃えて、スプーンの様にすくう。

 

など、多々あります。

細かく言えば、、食事マナーっていうのは

「色々、細かい!!!」んです。

でも知っていて損な事はない。

常日頃からの心かけで全然OKです。

 

まぁ、一番のマナーは楽しく食事する事!!

 

かな?

 

 

 

Food colum #9

 

「Lunch in cafe!」

 

12件のカフェ

 

12通りの味

 

12通りの盛りつけ

 

12通りの個性

 

 

 

 

Food colum #8

 

「この水に、このデザイン」

 

Shuzennji Water

 

採水地は伊豆の修善寺

デザインはインテリアデザイナーでもあるKarim Rashid氏

 

2008年度グッドデザイン賞受賞

 

Feneのミネラル成分の高さは優等生そのもの

 

体に欠かせないミネラル、カルシウムとマグネシウムの含有率は[黄金比率 2:1 ]

コラーゲンの生成を促進するメタケイ酸配合

コレステロールや血中脂質の新陳代謝を促すバナジウム配合

美味しい水の方程式の基準値が[1.0~2.0]に対し、驚異6.7!!!

 

 

そして味はさることながら

このスマートなボトルの存在感

 

ソーホーのブティック、パリの高級デパート、ナポリのリストランテ、

アントワープのスタイリッシュなカフェ、ロンドンのモダンな住居

 

世界各地で違和感なく溶け込む、このデザイン

 

リビング、いや自分の部屋に飾りとしても映えますね。

 

キャップの部分はコップ代わりとしても使えます。粋です。

 

 

都心を中心とした、輸入食品店などで購入できます。

持つと手にフィットする形もGOODです。

 

この春から水にこだわってみませんか?

 

 

Fene "フィネ"  http://www.fene.co.jp

 

 

 

Food colum #7

 

「有能アシスタントチーム」

 

スパチュラ隊

 

どうもまっさらな真新しいものより、

傷だらけの古い物が好きだ。

 

 

沢山の困難を乗り越えて、美味しい料理として仕上げる

指令、生き様を全うする

 

時に骨折し、時に火傷をし、そして禿げていく・・・

ご主人に全てを捧げその一生を終える

 

 

 

 

あなたがいなければ、ダメなのよ。

私の私だけのスパチュラ達よ、今日もがんばって。

 

 

 

木の素材のキッチン用品の方が使っていくうちに、どんどんあじが出てくるので好きです。

手に触る感触といい。

そしてなんとなく、煮込み料理をぐるぐるしてたら一段と美味しくしてくれそう!

魔法のステッキ!!

 

感覚の問題かな、、

 

いや絶対美味しくなるって!

根拠のない自信!

 

 

 

私の場合キッチン用品は

旅先や、蚤の市、古道具屋さん・・

一期一会の出合いで買うのがほとんど。

 

 

あなたの料理を美味しくしてくれる[有能アシスタント]はなんですか??

 

 

 

Food colum #6

 

「料理人は本を読め。」

 

小さい頃、父と爺に

"本を沢山読め。"と耳にタコが出来るくらいに言われました。

 

-本を読む事で人生の幅が広がる-

 

そんな事幼少期に言われたって・・

漫画ばかり読んでいてのは事実です。

 

 

 

ある料理人が見習いとの当時、

トップシェフに何度も言われた事

 

 

”素晴らしい料理を作りたければ、本を沢山読め。”

 

 

ああ、そうか、、

大人になり本を読む事の意味にやっと納得。

 

・・・・

 

料理って日常の中でもっともクリエイティブな事。

 

想像する力がとっても大事なんですね。

 

recommend book

 

「食堂かたつむり」 小川糸 著者

 

*沢山の料理が出てきて、創作意欲を駆り立てられます。

 

 

Food colum #5

 

「美人の食事の時間」

 

 

他人のフリ見て我ふり直せ

 

ってのは良く言ったもので、人間観察していく上と

 

どんなに見た目が綺麗でもチャーミングな人でも

食べ方のマナー1つで100年の恋も冷めてしまうものです。

 

「ちょっとくらい、いいでしょ!」って

 

ダメです。習慣になってまい自分のスタイルになってしまいます。

 

①ひじはつかない 

②くちゃくちゃ音はたてない 

③ながら食いをしない

 

はもう基本中の基本ですが、

 

礼儀作法以外にも、食材に対して、食材を作ってくれた人に対して、料理を作ってくれた人に対しての感謝を忘れてはいけません。

 

一つの料理には、沢山のストーリー、思いが詰まっています。

 

ありがとうの気持ちを忘れずに。

 

 

そして若干大げさかもしれませんが

食事をするという事は有限である事

人生あと何回食べれるのか(笑 単に食いしん坊ですかね)

 

だから、楽しく食事をする!その気持ちを忘れずに。

 

 

美人は食事から。

 

  Food colum #4

 

「Good morning??」

 

朝ごはん、ちゃんと食べてますか?

 

朝が良ければ、すべて良し。

 

良いスタートが切れれば、きっと1日良い日になるはず。

 

 

 

1,目覚めが良い(エネルギー補給で体を目覚めさせる)

2,体に良い(朝の摂取習慣は肥満予防に役立つ)

3,頭に良い(脳のエネルギー源である、ブドウ糖が脳の活動を活性化)

4,お腹に良い(特にごはんはお腹の調子をととのえる)  

5,お肌に良い(朝のビタミン、ミネラル補給は美しいお肌に不可欠)

6,腹持ちが良い(特にごはんは、腹もちがよく間食が防げる)  

7,すべてに良い!!!(だから、朝ごはんは元気の源)

 

 

 

もちろん朝は準備やらなんやらで忙しい!!

 

けど、あと30分早く起きてゆっくり座って朝ごはんを食べる。

 

そしたら

 

1日絶好調のはず。

 

 

人生がらっと変わるかも?!

 

なんて

 

 

 

朝ごはんの習慣つけてみよう。

 

Food colum #3

 

「Rose Barkry」

 

2/5に日本初上陸した、「ローズベーカリー」に行ってきました。

場所は丸の内のコムデギャルソン内に併設されています。

 

ローズベーカリーとは、

イギリス人のローズ・カラリーニさんが始められた

ロンドン発のオーガニックを中心としたデリです。

 

ロンドン、ソウルに1店、パリに3店、今回日本で六店舗目になります。

 

野菜中心のデリ、ベーカリー、ドリンク・・・

 

見ていてとてもワクワクします。

 

店内とてもスタイリッシュでカッコ良い!

 

百聞は一見にしかず!

 

是非!

 

ちなみに写真は書籍です。こちらもステキ。

 

 

東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内 MY PLAZA 1F

03-3212-1715

Food colum #2
「Spring veggie」
  
春野菜を沢山目にするようになりました。
 
旬の野菜にはこんな良い事があります。
 
・栄養がある
・その季節しかとれないので季節ごとの 
 美味しさを味わえる
・沢山とれるので低価格
・香りが良い       などなど、あります。
 
そして、旬の野菜には日本人ならではの食文化があり、
食べて季節を感じるという日本人として忘れてはならない心があります。
 
”旬がある” 四季がはっきりしている日本だからこそですね。
 
春野菜といえば・・・
アスパラガス、菜の花、新玉ねぎ、春キャベツ、スナップえんどう、筍、そら豆など・・
 
沢山食べて、春を感じてみましょう!                 
        

Food colum #1
 
「Holiday in the park!」
 
バゲット、白ワイン、チーズ、

生ハム、オリーブ・・・・
 
レストランにランチしに行くのもいいけど、、
同じお金払うなら、

たまには輸入食品店に行って見ない?
 
目に止まったものがさっと買って
 
行く先は・・・

公園??海辺??眺めの良い丘???
 
暖かくなってきたし友達と

わいわい贅沢ランチしよう!
 
Let's go to picnic!!
 
Recommend book
桑原奈津子さん著書
「ピクニックの楽しい時間」